繰り返すセコイズム。

自宅でせこくつつましく、セコ充を目指してセコ活をしています。

Amazonプライムでアジア映画(21)百日告別(台湾)

アジア映画が好きである。Amazonプライムの特典で、どれくらい自分好みのアジア映画を見ることができるのか、外出を控えつつ、自宅でセコ充を目指してセコ活しがいのあるテーマである(※2020年9月時点のAmazonプライム特典視聴情報です)。

 

前回に続いて、今回も台湾映画から。この映画もまた、2020年9月19日から新宿K'sシネマで開催される台湾映画祭のラインナップにも名を連ねている。2015年の作品。

百日告別(字幕版)

百日告別(字幕版)

  • 発売日: 2017/07/19
  • メディア: Prime Video
 

前回紹介した青春映画『藍色夏恋』からがらりと雰囲気を変えて、シリアスな作品。ひとつの巻き込まれ事故によって、妊娠中の妻を失った男と、結婚間近の婚約者を失った女を描く。ひとことで言うと、喪失と再生の物語だ。ありきたりなテーマかもしれないが、仏教の法要の年忌に沿って、丁寧に描いていく。

女は、婚約者とともにレストランを開くという未来があり、ふたりで新メニューを探すために行くはずだった沖縄の島を一人で巡る。男は、ピアノ講師をしていた妻の生徒たちに月謝を返金するため、彼らの家々を探し歩く。ふたりともに、深い喪失感で自死に手が届きそうなスレスレのところまでいってしまうのだが、ふとした小さな出会いで再生のきっかけを見つけることとなる。男は、かつての妻の生徒とのなにげない会話から。女は、婚約者の恩師と会って、かつて彼がどのような子供であったかを知る。一方が生徒から、もう一方が恩師から…という対比も面白い。

自分がよく知っていると思っていた相手の別の一面を、第三者の口を通して語られることによって、より深く相手を知る。ささやかなことの積み重ねから、じわじわと深みを増すドラマだった。

(また見たい度(★1~5) ★★★) 


映画『百日告別』予告編

 

Amazonプライムでアジア映画(20)藍色夏恋(台湾)

アジア映画が好きである。Amazonプライムの特典で、どれくらい自分好みのアジア映画を見ることができるのか、外出を控えつつ、自宅でセコ充を目指してセコ活しがいのあるテーマである(※2020年9月時点のAmazonプライム特典視聴情報です)。

 

2020年9月19日から、新宿K'sシネマで台湾映画祭がついに始まる。本当は春に予定されていた映画祭だったが、新型コロナの感染拡大で延期。何はともあれ、無事(?)に開催となるのは喜ばしいかぎり。『藍色夏恋』は、その台湾映画祭のラインナップにも名を連ねる、2002年の青春映画。 

そう、青春映画なのである。私はもう、いい歳のおじさんだけど、たまにはこうして青春映画でキュンとしたいのだ。そして青春映画には恋愛が付き物である。高校生たちの恋愛模様でキュンとしたいのだ。自分で書いていて気色が悪くなってきたけど、まあ、いいや。

恋愛映画といっても、一筋縄ではいかない。親友のユエチェンに、水泳部のイケメン男子チャン・シーハオへの恋の橋渡しを頼まれた女の子モン・クーロウ。この3人を取り巻く恋模様は、チャン・シーハオがモン・クーロウに好意を寄せてしまい、何となく二人は付き合っているような雰囲気になって…と、ここまではありきたりな感じで進んでいく。けれども、この映画がちょっと違うのは、モン・クーロウはチャン・シーハオに恋心を抱くわけでもなく、好意を寄せる相手が親友で同性のユエチェンだった…というのが、フックがきいている。自分は本当に男子を好きになることができないのか。モン・クーロウは、そういった「人と違う」悩みのために、チャン・シーハオと恋人どうしの真似ごとをしたともいえる。

とはいえ、モン・クーロウ自身は、自分が本当に同性が好きなのかどうか分からず、三年後、五年後の自分の未来をただぼんやりと想像するだけだ。自分が何者であるかを知るために、他人を映し鏡のようにして自分のことを見つめ直す。それもまた、若さの特権なのだろう。

私も、静かに目を閉じて、三年後、五年後の自分の未来を想像してみたが、現実味がある線しか想像ができず、なんというか、全然キュンとするものがないので、具合が悪くなってしまったのだった。

(また見たい度(★1~5) ★★★)


映画「藍色夏恋」日本版予告

 

Amazonプライムでアジア映画(19)マッキー(インド)

アジア映画が好きである。Amazonプライムの特典で、どれくらい自分好みのアジア映画を見ることができるのか、外出を控えつつ、自宅でセコ充を目指してセコ活しがいのあるテーマである(※2020年9月時点のAmazonプライム特典視聴情報です)。

 

「マッキー」とは、ヒンディー語で「ハエ」という意味。「映え」ではなくて「蠅」である。タイトルの意味すら知らず、何の予備知識もないまま見始めたハエの映画である。

悪徳社長のスディープは、女性を自分のものにするためであれば金に糸目もつけず、汚い手も厭わない男。彼が次に狙いを定めたのはビンドゥという美人だったのだが、彼女はジャニという若者にひそかに想いを寄せていた。このあたりまでの展開は、ちょっと退屈でキツいなあ…という感じである。それに、インド映画って、いきなり歌ったり踊ったりし始めて癖が強くて苦手なんだよなぁ…という私の先入観を裏切らず、この映画もその例にもれることなく、いきなり1980年代のUSA的なミュージックビデオよろしく、ダンシングが挿入される。 

マッキー

マッキー

  • メディア: Prime Video
 

 ところが、ジャニの存在を知ったスディープは、ビンドゥを手に入れるためにジャニのことが邪魔で憎らしく、殺してしまうのである。すると、ジャニは1匹のハエに生まれ変わり、ビンドゥを守るべく、そしてスディープに復讐を果たすべく、ハエとして戦い始めるのだった。荒唐無稽とは、まさにこのことだ。なんというバカバカしい展開なのだろう。ハエが苦手な人は、ここでリタイア間違いなしだ。だって、ここからずっとハエ中心なのだから。しかし、私はといえば、ここからはもう、一気見である。ビンドゥもハエになったジャニを受け入れて、ふたりともに…いや、ひとりと一匹で共闘し、見事に悪徳社長スディープに復讐を果たすのだった。

TBS日曜劇場風に言うと、これぞまさに「やられたらやり返す!倍返しだ!」なのだった。ダブルリターンである。

(また見たい度(★1~5) ★★)


映画『マッキー』予告編


面白いダブルリターン

Amazonプライムでアジア映画(18)ブノン:最後の象民族(カンボジア)

アジア映画が好きである。Amazonプライムの特典で、どれくらい自分好みのアジア映画を見ることができるのか、外出を控えつつ、自宅でセコ充を目指してセコ活しがいのあるテーマである(※2020年8月時点のAmazonプライム特典視聴情報です)。

アップリンクとイオン系映画館の一部で公開されている『ボヤンシー 眼差しの向こうに』は、とにかく見ていてツラくてツラくてたまらない1本だった。タイでは人身売買まがいで不法入国のカンボジア人やミャンマー人を雇い、非人道的な環境下で水産業が行われているということは、聞きかじったことがあった。そうした過酷な水産業に従事している人は20万人とも言われ、映画『ボヤンシー』はカンボジア人の少年の目を通して、そうした水産業の非人道性を告発する映画だったともいえる。

これらの2本のニューズウィークの記事は、いずれも2014年のものだが、パイナップル工場の仕事と言われたのに船で連れ去られる、船の上で「行方不明」になるといった殺人行為は日常茶飯事、屑魚はすりつぶされてペットの餌にする…等々、記事の内容は映画『ボヤンシー』の背景そのまんまだ。ツラい、ツラすぎる。

というわけで、ちょっと気難しすぎる長い前置きになったけど、前回に続いて、今回もドキュメンタリー作品。カンボジア少数民族・ブノン族(一般的には「プノン」と呼ばれる)を描いた作品。

ブノン:最後の象民族

ブノン:最後の象民族

  • メディア: Prime Video
 

プノン族は象と暮らすことで知られていた民族だが、今は生活スタイルを大きく変えて暮らさざるを得ないらしい。物語は、かつて飼っていた象を失ってからは抜け殻のような人生を送っている老人と、同じく飼っていた象を売り払ったものの、その後の象の行方が気になって探し続ける女性の姿を追いかける。

希少となった象を捕らえて生活のために飼うなんていうことは、現代の価値観からは許されないことなのかもしれないが、生活のために象を捕らえていた彼らを、今の価値観を当てはめて罪だと責めることができるだろうか(彼らは必要以上の象を狩っていたわけではないのだ)。カンボジア国内の企業が森を侵食して象たち森から追いやったり、クメール・ルージュが道路開発の労働力としてプノン族から象を取り上げ、あげくのはてには食料にもしていたということの方が、罪が重いのではないだろうか。

ここでもうひとつ先に考えを巡らすと、森を侵食しているカンボジアの企業は、我々のような先進国の下請けの企業であるかもしれず、我々の生活の一部は彼ら安価な労働力を享受しているかもしれず、そうやって巡り巡って、我々も森林破壊の一端を担いでいるのかもしれない。ふだん、そういう都合の悪い真実を知ることは避けがちだけれども、こうしたドキュメンタリー作品を見ていると、たまに、喉元に疑問を突き付けられ、単純に善悪の判断をできなくなることがある。

そして、冒頭の『ボヤンシー』の話題に戻る。我々の近所のスーパーマーケットに行けば、水産加工の缶詰の棚にはタイが原産国のものが並んでいるし、我々がバンコクへ旅行をすれば、海老などのシーフード料理をおいしいおいしいと舌づつみを打つ(私自身もその一人だ…)。その背景には、奴隷同然の扱いで水産業に従属する人たちがいるという現実を、喉元に突き付けられることもなく。

(また見たい度(★1~5) ★★)


映画『ボヤンシー 眼差しの向こうに』予告編

 

Amazonプライムでアジア映画(17)湾生回家(台湾)

アジア映画が好きである。Amazonプライムの特典で、どれくらい自分好みのアジア映画を見ることができるのか、外出を控えつつ、自宅でセコ充を目指してセコ活しがいのあるテーマである(※2020年8月時点のAmazonプライム特典視聴情報です)。

つい先日、台湾の元総統・李登輝氏死去の報があった。日本のテレビのニュース報道は、けっこうあっさりしたもので、「台湾の民主化に尽力」「親日家としても知られる」という程度の紹介だったのは残念だった(TVメディアとしては、某方面への忖度もあるのだろうが、それはまあ、さておき)。李登輝氏が、志願して旧日本陸軍として戦地に赴いたとか、実兄が日本軍として戦死しているとか、本当は、もっとそういうことを伝えることに報道の意義があるのではないかと考えるのだが、残念ながらそうではなかった。太平洋戦争下で、なぜ台湾の人が日本軍として戦って(戦わされて)いたのか、そういう歴史認識を、李登輝氏死去の報であらためて振り返ってみても良かったのではないかと思う。ふと、自分は「台湾は親日だから」という前提に胡坐を掻いていやしないか…とも考える。そもそも李登輝氏の存在がなければ、今のような「親日」と呼ばれるような台湾ではなく、日台関係も違ったものになっていたかもしれない。

湾生回家(字幕版)

湾生回家(字幕版)

  • 発売日: 2018/10/10
  • メディア: Prime Video
 

さて、長い前置きになってしまったが、『湾生回家』は戦前に台湾で生まれ育った「湾生」と呼ばれる日本人たちの姿を追ったドキュメンタリー。 戦争や占領といった大きなうねりの中にあっても、民間では交流を重ね、お互いに懐かしく良き思い出となっている。日本人が「生まれ故郷」の台湾に行って自らのルーツを辿るだけではなく、台湾から自分たちの家族のルーツを辿って岡山にやって来るくだりは、とても心打つものがある。

ただ、こうした「古き良き思い出」の人たちのドキュメントを見たことで「だから台湾は親日」という思いを強めるだけではなく、一方で、苦難の占領時代を送った人もいたことを心に留めつつ見なくてはいけないな…という思いをあらたにするのだった。

 (また見たい度(★1~5) ★★★)  


映画『湾生回家』予告編