繰り返すセコイズム。

自宅でせこくつつましく、セコ充を目指してセコ活をしています。

箇条書き美術展めぐり KYOTO GRAPHIE 2日目

KYOTO GRAPHIE(京都国際写真祭)に合わせて、4連休に久しぶりの京都旅をしてきたのである。もちろん、ホテルはゴートゥーな割引だ。
毎年春に行われていたKYOTO GRAPHIEも、今年は新型コロナの感染拡大で秋に延期。何はともあれ、無事に開催されて喜ばしいかぎりだ。今年のテーマは「VISION」。コロナ禍にあって、とてもタイムリーに響くテーマだ。
そして私は、前売りパスポート(3,500円)と地下鉄・バス2日券(1,700円)を携えて、ぶらぶらと京都の街を動きまわったのだった。密を避けて京都観光をしながら、二日券の元を取りつつ、KYOTO GRAPHIEも満喫してしまおうという、揺るぎないセコいVISIONである。かといって、せかせか急いで動くのもイヤなので、時間的にはゆとりを持たせるという、ゆるセコ旅だ。
KYOTO GRAPHIEは、通常の観光では立ち入れないようなところにも入ることができたりするのが面白く、また、写真という表現の枠を広げてくれるような作品や展示に驚かされ、楽しい。 

www.kyotographie.jp

【2日目】★…KYOTO GRAPHIE関連の展示 ●…通常の観光など

ホテル出発(9時50分頃、徒歩で烏丸御池方面へ)
ウィン・シャ:一光諸影(誉田屋源兵衛 竹院の間)
★エルサ・レディエ:Heatwave(HOSOO GALLERY)
★片山真理:home again(嶋臺(しまだい)ギャラリー)
烏丸御池→丸太町(市地下鉄・220円)
★ピエール=エリィ・ド・ピブラック:In Situ(京都府庁旧本館 正庁)
★オマー・ヴィクター・ディオプ:Diaspora(京都府庁旧本館 旧議場)
丸太町→烏丸御池三条京阪(市地下鉄・220円)
瀧本幹也:LAND SPACE 2020(Sfera)※200円
 (↓徒歩)
★外山亮介:導光(建仁寺両足院)
清水道法然院町(市バス・230円 ※急行100号線なので密です…)
法然院哲学の道(徒歩)
天王町岡崎公園美術館・平安神宮前(市バス・230円)
杉本博司:瑠璃の浄土(京都市京セラ美術館・10月4日まで・1,500円)
東山→京都(市地下鉄・260円)
★甲斐 扶佐義:美女100人(京都駅ビル 空中径路)
京都→四条(市地下鉄・220円)
ホテルへ帰着
【本日の交通費:1,380円】

続きを読む

箇条書き美術展めぐり KYOTO GRAPHIE 1日目

KYOTO GRAPHIE(京都国際写真祭)に合わせて、4連休に久しぶりの京都旅をしてきたのである。もちろん、ホテルはゴートゥーな割引だ。
毎年春に行われていたKYOTO GRAPHIEも、今年は新型コロナの感染拡大で秋に延期。何はともあれ、無事に開催されて喜ばしいかぎりだ。今年のテーマは「VISION」。コロナ禍にあって、とてもタイムリーに響くテーマだ。
そして私は、前売りパスポート(3,500円)と地下鉄・バス2日券(1,700円)を携えて、ぶらぶらと京都の街を動きまわったのだった。密を避けて京都観光をしながら、二日券の元を取りつつ、KYOTO GRAPHIEも満喫してしまおうという、揺るぎないセコいVISIONである。かといって、せかせか急いで動くのもイヤなので、時間的にはゆとりを持たせるという、ゆるセコ旅だ。
KYOTO GRAPHIEは、通常の観光では立ち入れないようなところにも入ることができたりするのが面白く、また、写真という表現の枠を広げてくれるような作品や展示に驚かされ、楽しい。 

www.kyotographie.jp

【1日目】★…KYOTO GRAPHIE関連の展示 ●…通常の観光など
ホテル出発(9時30分頃)
四条→北大路(市地下鉄・260円)
北大路バスターミナル→大徳寺前(市バス・230円)
大徳寺興臨院(500円)
★マリー・リエス:二つの世界を繋ぐ橋の物語(アトリエみつしま Sawa-Tadori)
大徳寺前→北大路バスターミナル(市バス・230円)
北大路→国際会館(市地下鉄・260円)
国際会館駅前→幡枝(京都バス・230円)
瀧本幹也:CHAOS 2020(妙満寺大書院)※拝観料500円
幡枝→国際会館駅前(京都バス・230円)
国際会館駅前→上橋(京都バス・230円)
蓮華寺(500円)
上橋→出町柳駅前(市バス・230円)
★甲斐 扶佐義:鴨川逍遥(河合橋東詰歩道、タネ源、青龍妙音弁財天)
★オマー・ヴィクター・ディオプ:MASU MASU MASUGATA(出町桝形商店街)
河原町今出川→烏丸今出川(市バス・230円)
今出川→四条(市地下鉄・260円)
★福島あつし:弁当 is Ready(伊藤佑 町家)
★マリアン・ティーウェン:Destroyed House Kyoto(伊藤佑 町家)※要予約
ホテルへ帰着
【本日の交通費:2,390円】

続きを読む

Amazonプライムでアジア映画(21)百日告別(台湾)

アジア映画が好きである。Amazonプライムの特典で、どれくらい自分好みのアジア映画を見ることができるのか、外出を控えつつ、自宅でセコ充を目指してセコ活しがいのあるテーマである(※2020年9月時点のAmazonプライム特典視聴情報です)。

 

前回に続いて、今回も台湾映画から。この映画もまた、2020年9月19日から新宿K'sシネマで開催される台湾映画祭のラインナップにも名を連ねている。2015年の作品。

百日告別(字幕版)

百日告別(字幕版)

  • 発売日: 2017/07/19
  • メディア: Prime Video
 

前回紹介した青春映画『藍色夏恋』からがらりと雰囲気を変えて、シリアスな作品。ひとつの巻き込まれ事故によって、妊娠中の妻を失った男と、結婚間近の婚約者を失った女を描く。ひとことで言うと、喪失と再生の物語だ。ありきたりなテーマかもしれないが、仏教の法要の年忌に沿って、丁寧に描いていく。

女は、婚約者とともにレストランを開くという未来があり、ふたりで新メニューを探すために行くはずだった沖縄の島を一人で巡る。男は、ピアノ講師をしていた妻の生徒たちに月謝を返金するため、彼らの家々を探し歩く。ふたりともに、深い喪失感で自死に手が届きそうなスレスレのところまでいってしまうのだが、ふとした小さな出会いで再生のきっかけを見つけることとなる。男は、かつての妻の生徒とのなにげない会話から。女は、婚約者の恩師と会って、かつて彼がどのような子供であったかを知る。一方が生徒から、もう一方が恩師から…という対比も面白い。

自分がよく知っていると思っていた相手の別の一面を、第三者の口を通して語られることによって、より深く相手を知る。ささやかなことの積み重ねから、じわじわと深みを増すドラマだった。

(また見たい度(★1~5) ★★★) 


映画『百日告別』予告編

 

Amazonプライムでアジア映画(20)藍色夏恋(台湾)

アジア映画が好きである。Amazonプライムの特典で、どれくらい自分好みのアジア映画を見ることができるのか、外出を控えつつ、自宅でセコ充を目指してセコ活しがいのあるテーマである(※2020年9月時点のAmazonプライム特典視聴情報です)。

 

2020年9月19日から、新宿K'sシネマで台湾映画祭がついに始まる。本当は春に予定されていた映画祭だったが、新型コロナの感染拡大で延期。何はともあれ、無事(?)に開催となるのは喜ばしいかぎり。『藍色夏恋』は、その台湾映画祭のラインナップにも名を連ねる、2002年の青春映画。 

そう、青春映画なのである。私はもう、いい歳のおじさんだけど、たまにはこうして青春映画でキュンとしたいのだ。そして青春映画には恋愛が付き物である。高校生たちの恋愛模様でキュンとしたいのだ。自分で書いていて気色が悪くなってきたけど、まあ、いいや。

恋愛映画といっても、一筋縄ではいかない。親友のユエチェンに、水泳部のイケメン男子チャン・シーハオへの恋の橋渡しを頼まれた女の子モン・クーロウ。この3人を取り巻く恋模様は、チャン・シーハオがモン・クーロウに好意を寄せてしまい、何となく二人は付き合っているような雰囲気になって…と、ここまではありきたりな感じで進んでいく。けれども、この映画がちょっと違うのは、モン・クーロウはチャン・シーハオに恋心を抱くわけでもなく、好意を寄せる相手が親友で同性のユエチェンだった…というのが、フックがきいている。自分は本当に男子を好きになることができないのか。モン・クーロウは、そういった「人と違う」悩みのために、チャン・シーハオと恋人どうしの真似ごとをしたともいえる。

とはいえ、モン・クーロウ自身は、自分が本当に同性が好きなのかどうか分からず、三年後、五年後の自分の未来をただぼんやりと想像するだけだ。自分が何者であるかを知るために、他人を映し鏡のようにして自分のことを見つめ直す。それもまた、若さの特権なのだろう。

私も、静かに目を閉じて、三年後、五年後の自分の未来を想像してみたが、現実味がある線しか想像ができず、なんというか、全然キュンとするものがないので、具合が悪くなってしまったのだった。

(また見たい度(★1~5) ★★★)


映画「藍色夏恋」日本版予告

 

カメラを持って、旅の中へ。

実は写真を撮ることも好きで、もっぱらコンパクトフイルムカメラのリコーGR1sを使い続けている。あちこち連れまわしたせいで、くたびれ具合が激しくなってきた。電源をオフにした時にレンズカバーは半分開いたままだし、ボディも剥げてきたし、フイルムの残数表示も数字が欠けている。それでも、ポケットに入れて、さっと取り出して写せる機能性は抜群なので、代わりがいない。

f:id:FLEXARET4:20200912185310j:plain

旅に行けない間に、ネガの整理や、スキャン保存や、印画紙にプリントなどなど、いろいろやっておけば良かったのだが、溜まりすぎたネガの前に、お手上げ状態だ。お手上げ状態だが、先週、久しぶりに貸し暗室に行って、ちょっとだけプリントをしてきた。お金と時間がたくさんあればバライタ紙に焼きたいのだが、プリント枚数を稼ぎたかったので、RCペーパーで済ませた。主に、2019年のタイの写真、それから、2020年始のベトナムの写真だ。

プリントをしながら、やはり募るのは旅への想いだ。国内旅行は、警戒しつつも何となく行きやすくなりそうな雰囲気になってきたけれど、旅行目的の海外渡航はいまだに先行きが見えずじまい。海外旅行が趣味の人は、そろそろ禁断症状に陥っているのかもしれない。

f:id:FLEXARET4:20200912190519j:plain

バンコクバンコク近郊、アユタヤなどのプリント。

f:id:FLEXARET4:20200912190607j:plain

ルーイ空港からチェンカーンに向かう、どこかの路上。めっちゃ揺れる車の中から。

f:id:FLEXARET4:20200912190649j:plain

ドンムアン空港の近くの市場。

f:id:FLEXARET4:20200912190722j:plain

主にハノイのプリント。

f:id:FLEXARET4:20200912190808j:plain

ハイフォン駅。駅のホームを普通にバイクが走る。

f:id:FLEXARET4:20200912190901j:plain

ハノイ旧市街。旧市街の風景や人は、スナップ写真欲をそそる。

どこに出すでも、誰に見せるでもないプリントたちだが、ブログとかインスタグラムに投稿する気になったら、投稿しようと思う。思ってはいるけど、スキャンしてデータ化しないといけないので、また億劫になって、やらずじまいに終わりそうな気がするけれど。